歯を白く輝きを取り戻すホワイトニング情報をお届けしています。
ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる

ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる



ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なるブログ:16/4/05


摂取カロリーがそれほど多くなくても、
食べ方が悪いだけで太ってしまうことってあるんですよね。

減量する上で、悪い食べ方を続けていたのでは
スムーズに行かないこともあります。

食べ方を改善して、上手に減量しましょう!

まず、食事と食事の間が長いと、肉体の防衛機能が働き、
次の食事で多く栄養を肉体にため込もうとします。

なので、長時間の空腹状態をさけ、
10時13時晩だいたい決まった時間に食べましょう。

19時は副交感神経の働きで脂肪をため込みやすくなっているので、
特に夕食を19時遅くに食べている人は気をつけましょう。

また、
ゆっくり味わうことで、食事をしているという満足感を自分に与え、
食べ過ぎを防ぎましょう。
なるべく噛む食材を使ってライスを作るのが効果的よ!

実際、ライスを食べ始めてから、血糖値があがって、
満腹中枢が満腹と感じるまでには、約20分間かかるそうです。

早食いをしていると、脳が満腹と感じる前にどんどん食べてしまい、
気付いたらウエストがいっぱいで苦しい!食べ過ぎた…
なんてことになってしまいます。

そうならないために、ライスはよく噛んでゆっくり食べましょうね!

そして、
テレビを見ながらや雑誌を見ながら食べている場合、
無意識に食べていることが多く、
かなり食べていても、自分ではそれほど食べていないと思いがちです。

しかもこのようなときに食べているものは、
スナック菓子などが多いので、
とても高カロリーになっている場合が多いのです。

癖になって何か口にしていないと気がすまないという人は、
ガムを噛んだり、アメをなめたりして改善しましょう。

ほんのささいなことでも、
やるとやらないとでは、減量の成果が大きく違ってきますよ!
ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる

ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる

★メニュー

皮膚のニキビに対する治療後に正しくニキビ跡の治療
注射リフトは品川にある優良美容外科を利用
皮膚美人を目指す!肌の若返りを実現
ケミカルピーリングで美肌若返り
美容皮フ科でレーザー治療
ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる
神奈川の美容外科を利用してレーシック
非常に丈夫な歯を作るインプラント
米国のアラガン製ボトックスを使用した人気のプチ整形
医師募集を探しているなら湘南美容外科クリニック


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)美容整形情報もりもり配信中