歯を白く輝きを取り戻すホワイトニング情報をお届けしています。
ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる

ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる



ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なるブログ:14/1/15


昨日は久々にぐっすりねれました。

減量中、
食欲を無理に我慢するのは良くありませんが、
ちょっとした工夫で
コントロールすることはできます。

まず、食べ物を噛むと唾液が出ます。
唾液は満腹中枢を刺激し食欲を抑えるため、
早食いによる食べすぎを防止するためには、
ゆっくり、よく噛んでたべましょう。

皆さんは、
食べる事の時間や口寂しいときなど、
腹が空いていなくても
習慣で食べてしまうことってありませんか?

これだと
体質が必要としている以上に
食べ過ぎてしまいます。

体質の声に耳を傾け、
腹が空いている時以外に
食べ物を口にするのは止めましょう。

たんぱく質を構成するアミノ酸は、
糖質よりも消化されるスピードが遅いので、
腹が空くまでの時間を長引かせることができますよ。

精神面が食欲に与える影響は大きいもの。
ストレスで食べすぎたり、
逆に食欲不振になることもあります。

イライラの解消を食べ物に向けず、
ストレスがたまらないように気分転換をしましょう。
仲間と電話したり、読書や水族館など、
自分の好きなことを楽しみましょう!

でも、どうしても食べたくなったら…

飴やガムで少しだけ糖分を補給すれば、
空腹感がおさまりますよ。

コーヒーや紅茶、お茶、水などを飲むと
水分で腹が満たされ、食欲を抑えることができます。
食べすぎ防止にも効果ありです。

歯を磨き、くちの中がさっぱりしていると
余計なものを食べたくなくなります。
虫歯予防にもなり一石二鳥ですね。

必要なエネルギー以上に食べたくなったら、
一度、本当に食べたいのか考えてみましょう。

ですが、我慢のしすぎはストレスの原因に…
減量中でも
たまには食べるのを我慢した自分に
ご褒美をあげてくださいね。

ニンニン
ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる

ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる

★メニュー

皮膚のニキビに対する治療後に正しくニキビ跡の治療
注射リフトは品川にある優良美容外科を利用
皮膚美人を目指す!肌の若返りを実現
ケミカルピーリングで美肌若返り
美容皮フ科でレーザー治療
ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる
神奈川の美容外科を利用してレーシック
非常に丈夫な歯を作るインプラント
米国のアラガン製ボトックスを使用した人気のプチ整形
医師募集を探しているなら湘南美容外科クリニック


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)美容整形情報もりもり配信中