歯を白く輝きを取り戻すホワイトニング情報をお届けしています。
ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる

ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる



ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なるブログ:14/11/25


減量をするためには、
やはり食生活を見直すということが
優先順位の上位に来るようですね?

やっぱり、食べすぎが原因で、
太ってしまう人って多いんですよね。
僕もそうなんですが…

減量の時に見直すべきご飯…
ご飯の量ももちろんですが、
もう一つ
見落としてはならないポイントがあります。

それは「いつご飯をしたか」です。

同じの量のご飯をしたとしても、
ご飯をした時間帯が違ってくると太り方も違うんですよね。

僕たちの身体って、
とってもデリケートに作られているんですね。

特に寝る前には食べ物をくちに
運ぶことはやめた方がいいでしょう。

寝るだけなので、
カロリーを消費するポイントがなくなってしまいますから、
そのまま食べたものが使われずに残ってしまいます。

就寝直前に摂取した食べ物に対しては
交感神経という神経系が対応するといわれています。

交感神経は、寝る直前に入ってきた
食べ物を脂肪にかえて貯蔵しろという風に
指示するそうなんです。

ですから、
減量にとっては大敵なんです。

もしどうしてもお腹がすいて眠れないという人は、
飲み物で空腹感をごまかしてみましょう。

ダイエットシェイクなどを
飲んでみるのもいいかもしれません。

ダイエットシェイクなら、
低カロリーですから
それほどダイエットシェイク生活を邪魔するような心配もありません。

しかし一番の理想は寝る前には食べないこと、
これが一番です。

目安としては、眠る2時間程度前からは
食べ物を口にしないことです。

ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる

ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる

★メニュー

皮膚のニキビに対する治療後に正しくニキビ跡の治療
注射リフトは品川にある優良美容外科を利用
皮膚美人を目指す!肌の若返りを実現
ケミカルピーリングで美肌若返り
美容皮フ科でレーザー治療
ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる
神奈川の美容外科を利用してレーシック
非常に丈夫な歯を作るインプラント
米国のアラガン製ボトックスを使用した人気のプチ整形
医師募集を探しているなら湘南美容外科クリニック


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)美容整形情報もりもり配信中